夏が到来する前にエアコンクリーニングをしておこう

ホコリや水滴やカビを除去

エアコン

快適に利用するために

エアコンは、室内の空気を吸い込み、フロンガスの力で冷やしてから放出するという空調機器です。空気と一緒にホコリも吸い込まれるので、エアコン内には必然的にホコリがたまっていきます。さらにエアコン自体が冷えるので、周囲の空気との温度差で、水滴も付着します。このホコリと水滴とでカビが生えることがあるので、防止や改善のためには、定期的に業者にエアコンクリーニングを依頼することが大事です。エアコンクリーニングでは、最初にエアコンが分解され、各パーツが順番に洗浄されます。強力な洗浄液が使われるため、内部のホコリや水滴はもちろん、カビが生えていた場合にはそれも除去されます。そのためエアコンクリーニング後は、空気の出し入れがスムーズになることから効きが良くなりますし、その際に不快な匂いが生じる可能性も低くなります。ただし機種によっては分解することが困難なので、この場合は設置された状態でエアコンクリーニングをすることになります。洗浄液を内部に高圧噴射して、ホコリやカビなどを除去していくのです。当然、汚水が飛び散ったり垂れてきたりするので、事前にエアコン周辺を整理し、養生シートを取り付けておく必要があります。また、湿気がたまりやすいキッチンなどでは、エアコンクリーニングを行っても、すぐにカビが生えることがあります。このような場合は、エアコンクリーニングの際に、オプションサービスの防カビコーティングを依頼しておくことが大事です。もちろん、1年に1回といったペースでこまめにエアコンクリーニングを依頼することも、ひとつの手です。